なんとなく自己顕示欲

アクセスカウンタ

zoom RSS オペラ座の怪人 京都公演

<<   作成日時 : 2018/01/17 22:59  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブログ、いつ以来の更新?
丸二年だーーΣ(゚д゚lll)

物凄く久しぶりにオペラ座の怪人に行って来たら、演出が変わってたようで新鮮だった。
それで感想を書いてみようかと。

以下、個人の感想です。
ほぉ、そんな感想もありかと温かい目でご覧ください。
何言ってるんだこいつは!と怒らないでくださいね。

キャスト

オペラ座の怪人 京都

2018年1月14日(昼)公演  京都劇場.


オペラ座の怪人 佐野正幸
クリスティーヌ・ダーエ 苫田亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵 光田健一
カルロッタ・ジュディチェルリ 河村 彩
メグ・ジリー 黒柳安奈
マダム・ジリー 早水小夜子
ムッシュー・アンドレ 増田守人
ムッシュー・フィルマン 平良交一
ウバルド・ピアンジ 永井崇多宏
ブケー 田辺 容


【男性アンサンブル】
橋祐樹
飯泉佳一
林 和男
深見正博
見付祐一
吉田功太郎
山口泰伸
松永隆志
日浦眞矩

【女性アンサンブル】
大岡 紋
吉良淑乃
平木萌子
辻 奈々
熊埜御堂ゆかり
吉田瑛美
榊山玲子
西田ゆりあ
羽田沙織
久田沙季
堀内 恵
田直美


オペラ座の怪人は前々回の京都公演を含めて何回(何十回?)も観ていて、さすがにもうしばらくいいかな…という気持ちだったので、実は今回も行く気はなかった。
それが、映画を観て興味を持った友人が行きたいと言うので、前日予約でゲット。


何年観てないんだろう、それすら記憶にない。
久々のファントムだー、佐野さんファントムは狂気系だった記憶があったけど、どんな感じなのかな?ワクワク…とか呑気に考えてたら、音楽のテンポ、アレンジ、細かな所のセリフが変わっていてびっくり。
Think of meで、前は支配人たちが「なかなかいいんじゃないか」と言ってたと記憶しているけど、今回は「本当に大丈夫なのか?(うろ覚え)」みたいな感じになっててまず驚く。

佐野さんファントムはエロイなぁと思ってたんだけど、それは最初だけ。

墓場にての所の変わり方にも驚いた。
「どうぞ与えて力を」のラスト、高らかな歌い上げ系に変わってる(;゚Д゚)
ラウルが歌う所の歌詞も変わってない?←誰に聞いてるんだ


ファントムにはみじんも同情できず(笑)
これって我儘な子供が気持ちを拗らせた挙句ストーカー行為に及んでるだけじゃないの?としか思えない。
そんなファントムなら、ラストどんな感じに演技を持って行くのかな?と別の意味で興味津々になってきた。

クリスティーヌの男前な事!
儚くフラフラしてたのは最初だけ、ラウルと出会ってからの強さよ。
ラストは「私がラウルを守るわ!」という意志がビンビン伝わってくる。
てか、ラウルはどこまで頼りないお坊ちゃんなんだ。

ファントムはクリスにキスをされて嬉しそう。
良かったね、ずっと一方的に想ってたけど、本意ではないにせよキスされて満足したんだね…とウルっときた。
ファントム、エロイと思ったけど、エロイどころかチェリーボーイじゃないの?って感じ。

苫田さんの歌の迫力凄いわ。聞き惚れた。
もちろん佐野さんのファントムもラウルも…支配人二人も…てか、メインの役者さん全員歌が上手い人から安心できる。

最終的な感想。
「この作品、主役がクリスティーヌだったっけ?ファントムの印象が弱い」

初見の友達にどう思った?と聞いてみた。
「映画ではヒロインは儚い感じだったけど、なんか強かったね」
彼女もファントムの印象は薄かったみたい。


えっと、これってクリスティーヌが精神的に自立していく姿を描いた作品???

いや、それはそれでとても興味深かったし面白かったけど。
演出がいつ変わったのか、あまり熱心にアルプも読んでなかったので全く知らなかった。
意図も変わったのかな?

そうそう、昔に比べると、開口セリフというか母音法が極端に強い感じがなくて、自然に思えた。
あと、それぞれの役者さんのしぐさや動きが分かりやすいっていうか。

何にせよ、かなりの衝撃を受けたので、二年ぶりにブログを更新したという次第であります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オペラ座の怪人 京都公演 なんとなく自己顕示欲/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる